塗装工事をご検討の方へ 最善の塗替え施工 塗装費用の目安 塗装費用の目安

外壁 種類別

屋根 種類別

屋上防水

お客様の声と施工事例

塗装について

その他のメニュー

Google+

設計価格

設計価格について

塗装は仕様によって設計価格(定価)が、塗料メーカー、又は建築資料研究社が発行している積算書籍にて定められいます。

見積単価はこの設計価格を元(根拠)に決められている事が多く、それぞれの業者によって値引率が違います。見積単価にあてはめてた場合では、業者によって設計価格と同等の費用(100%)から半値(50%)程度で単価で設定されていることが多いようです。また設計価格は基本的に300㎡以上の面積を塗装する場合の価格となりますので、戸建のような場合小面積(100~150㎡程度)の場合では、場合によっては設計価格よりも高くなることもあります。

※ ↓ 画像をクリックすると各メーカーの設計価格をみることが出来ます。

cost_01

 

エスケー化研 設計価格表エスケー化研
設計価格表

積算価格表関西ペイント
設計価格表

cost_04日本ペイント
設計価格表

ロックペイント 設計価格ロックペイント
設計価格表

大日本塗料 設計価格大日本塗料
設計価格表

ダイフレックス 設計価格ダイフレックス
設計価格表

日本特殊塗料 設計価格日本特殊塗料
設計価格表

上記の塗料メーカー以外の設計価格はネット上で確認できるもの、冊子でしか確認できないものなどありますので、わからない場合は直接メーカーに問い合わせを行うと良いでしょう。

 

ネット上(検索)で設計価格を調べる方法

Google、Yahoo!などで検索を行うことにより、ネット上に上がっている場合は以下の3点を入力することにより設計価格を調べることが可能です。

  • ・塗料メーカー名
  • ・塗料名
  • ・設計価格

参考までに上記に設計価格表が無い「菊水化学工業」「水系ファインコートシリコン」の設計価格を見てみたいと思います。

菊水化学工業 水系ファインコートシリコン 設計価格 ← Google検索

このような ↓ 検索結果になりますので、一番上に表示されているリンクをクリック。

設計価格検索方法

菊水化学工業のホームページ内に以下のような情報が記載されています。その内の黄色の部分が設計価格となります。

設計価格検索方法

 

設計価格の見方

設計価格表はメーカーによって記載方法が少々違い、「下塗」「上塗」別々に記載がある場合と、「下塗」「上塗」が一緒になっている場合があります。

下・上塗 別々の記載の場合

それぞれの価格を調ることにより、合計の価格がわかります。

参考例としてエスケー化研での仕様

  • ・下塗 マイルドシーラーEPO
  • ・上塗 クリーンマイルドシリコン

の価格を見てみます。

下塗 マイルドシーラーEPO 設計価格
エスケー化研 設計価格上塗 クリーンマイルドシリコン 設計価格
エスケー化研 設計価格この合計の価格が、下・上塗含んだ設計価格になります。

下・上塗 一緒に記載の場合

関西ペイントでの仕様

  • ・下塗 エポMシーラー
  • ・上塗 セラMシリコンⅡ

関西ペイント 設計価格塗料メーカーによってこのように記載方法が違います。

下・上塗の組み合わせによっては、設計価格を調べる事ができないこともありますので、わからない場合は塗料メーカーに問い合わせをすると良いでしょう。

 

設計価格から見積単価の妥当性を判断

商品を購入する際には定価と実際の販売価格の比較を行い、適正価格(割安・割高感)を判断すると思いますが、塗装の場合は定価(設計価格)というものがまず世間一般に知られていません。特に小面積の場合などでは設計価格より高くなってしまう事もあるため、塗装工事の設計価格が基準にならない「オープン価格」の様な性質も持ち合わせていますので、実際は見積単価の妥当性を判断することは非常に困難なのです。

見積単価からいかに妥当性(適正価格)を判断できるかが、見積書をみる際には非常に重要です。

「オープン価格」とは

メーカーが具体的な価格を定めていないため、販売店の裁量(判断)によって決められる価格
塗装の設計価格は300㎡以上という条件の為、戸建のような小面積の場合は設計価格の適応外という判断の元、施工店独自の価格が定められる事と同義

より詳しいオープン価格の説明 ← Google検索

設計価格から見積単価の値引率の読み取り方とその比較について

今では相見積を取ることが一般的になりましたが、相見積を取ったまではよいものの業者によって見積書の記載方法はさまざまですので、比較するにも「何」を「どのようにして」比較すればよいのかわからないこともあるのではないかと思います。正しく比較を行うことができれば相見積は非常に有効ですが、そうでない場合は単に価格のみにとらわれてしまい、相見積を取る意味が全く無くなってしまいますので、以下に事例を挙げて設計価格を元に判断する比較方法を紹介したいと思います。

比較事例

今回、参考に例に挙げる見積書は

  • ・【A社】理想的な見積書の事例
  • ・【B社】判断に困る見積書の事例

この2例挙げておりますが、【B社】のような見積書では見積単価の妥当性が判断できないため、見積提出業者へ使用する塗料等の確認が必要になります。

【A社】 理想的な見積書の事例

見積事例

外壁塗装(アレス水性エポレジン・アレスアクアシリコンACⅡ)の設計価格は3,150円/㎡となりますので
見積事例2,200円という見積単価は設計価格から30%程度の値引き。

屋根塗装(マイルド浸透シーラー・パワーシリコンマイルドⅡ)の設計価格は3,700円/㎡となりますので
見積事例2,600円/㎡という見積単価は設計価格から30%程度の値引き。

以上の事がわかります。

【B社】 判断に困る見積書の事例

cost_08この内容では見積単価の判断が出来ませんので、まずは内容の確認。

Q 
水性シリコン塗装と記載のみで何を使用するかわからないため塗料名を教えて貰いたい。

A 
外壁塗装 下塗/水性ミラクシーラーエコ 上塗/水性セラミシリコン

屋根塗装 下塗/水系パワーシーラーⅡ 上塗/水系カスタムシリコン)

この回答を元に見積単価の判断を行います。

外壁塗装(水性ミラクシーラーエコ・水性セラミシリコン)の設計価格は合計2,500円/㎡となりますので
見積事例見積事例2,000円/㎡という見積単価は20%程度の値引き。

屋根塗装(水系パワーシーラーⅡ・水系カスタムシリコン)の設計価格は2,700円/㎡となりますので
見積事例2,300円/㎡という見積単価は15%程度の値引きとなります。

今回のように設計価格を元に見積単価をみていくと、当初受け取る印象とはまた違う見方が出来るようになりますので、見積を比較する場合は単純に単価のみの比較ではなく、値引率もあわせて比較を行うと良いのでしょう。

「比較するときのポイント!」

  • ・設計価格の高いものは同じグレードであっても性能が良い塗料が多いです。
  • ・単価を比較する時は同じ塗料でないと正しい比較にならないため注意が必要です。
  • ・見積書は正しく読み取ることが重要です。 → 見積書の見方(明細書について)
  • ・塗料は同じグレードであっても実は性能にかなりの差があるのです。

 

formbutton