塗装工事をご検討の方へ 最善の塗替え施工 塗装費用の目安 塗装費用の目安

外壁 種類別

屋根 種類別

屋上防水

お客様の声と施工事例

塗装について

その他のメニュー

Google+

Q&A

質問一覧

Q:見積もりは日・祝日でもしてもらえますか?
Q:見積もりを出してもらったことがあるのですが、それが妥当なのかどうか判りません。
Q:留守が多いので、見積もりを出してもらったら郵送でもいいですか?
Q:塗り替えは必要ですか?
Q:塗り替えはどれ位でしたらいいですか?
Q:見積もり無料はよくありますが、点検だけをお願いすることはできるのでしょうか?それと、費用はかかるのでしょうか?
Q:ひび割れがあります。シーリングが切れています。塗り替えはもう2・3年後に予定しているのですが、大丈夫でしょうか?
Q:塗り替えをしていれば建物はずっと大丈夫ですか?
Q:新築(塗り替えを)してから数年経った頃に、ひび割れが見つかったのですがどうしたらいいですか?
Q:塗り替えに適した時季は?
Q:塗り替えは何日位で終わりますか?
Q:近隣のお宅には何かしなければいけませんか?
Q:日中、居なくても大丈夫ですか?

その他の質問(問い合わせメールより)

遮熱・断熱塗料について

Q:遮熱塗料のメーカー名を教えていただきたいのですが?「注文住宅を建てるにあたって・・・」
Q:遮熱塗料のメーカー名を教えていただきたいのですが?「また車両用の遮熱塗料はありますか?
Q:快適サーモWSi・水性パラサーモについての情報はありますか?
Q:遮熱塗料と断熱塗料の違いがいまいちわからない。

屋上防水について

Q:大成建設「パルコン」の防水について

下地補修について

Q:ひび割れの補修について

DIYに関する質問

Q:セキスイかわらUののDIY塗装について

Q 見積もりは日・祝日でもしてもらえますか?
A いつでも都合の良い時でいいです。全員、現場に入っているので時間的な調整はお願いすることもありますがご理解ください。
Q 見積もりを出してもらったことがあるのですが、それが妥当なのかどうか判りません。
A 内容が判らないことには何とも言えないのですが、見積もりを提出するにあたり、現地実測・点検にどの位時間を要したかで面積等の正確さは判断できると思います。下地処理の項目があるか否か、外壁・屋根の面積以外の項目が1式で金額がでている場合は如何なものかと考えます。
Q 留守が多いので、見積もりを出してもらったら郵送でもいいですか?
A 留守中でも許可して頂ければ、現地実測は行えます。しかし、例外を除いて見積書の郵送や投函のみは出来かねます。それは、塗装工事は「安い」「高い」の総合金額だけで判断するものでなく、その金額に内容が伴っているかどうかが重要です。きちんと説明する必要がありますので都合をつけて頂ければと思います。(例外:転勤等で賃貸にし、県外に居住しているなど)
Q 塗り替えは必要ですか?
A 必要です。『雨垂れ石をも穿つ』ということわざがあります。これは、どんな小さな力でも根気強く努力すればいつかは成果を得られる、という意味ですが実際に水にはそのような力があるということです。塗装の目的は防水ですので大切ですね。
Q 塗り替えはどれ位でしたらいいですか?
A 理想は1回目築6年前後、2回目が築16年前後、3回目は築26年前後となりますが、3回目築26年(約25年以降~)は床下や屋根裏等の点検・改修も考えておいたほうが良いかもしれません。特に屋根に関しましては下地板等の劣化が考えられますので。
Q 見積もり無料はよくありますが、点検だけをお願いすることはできるのでしょうか?それと、費用はかかるのでしょうか?
A 点検は無料でおこないます。メンテナンスの予定・計画を立てる為には点検はしたほうがいいですね。ハシゴで届く範囲に限定されてしまいますが、1・2年に1回程の定期的な点検は行ってもいいのではないかと思います。多くの業者の中から点検だけでも弊社を選んでいただけたわけですから、私達の『家』『塗装』『人』に対する思い・姿勢を理解し、業者として信頼できるか否かを判断して頂く機会ととらえていますので、無料でおこなっています。ただし、点検時に必要な処理等が見つかって、施工した場合はその分の費用は発生してしまいます。
Q ひび割れがあります。シーリングが切れています。塗り替えはもう2・3年後に予定しているのですが、大丈夫でしょうか?
A 建物の構造(下地板・ラス網・鉄筋等)劣化の進行を防ぐために、補修はしておいたほうがいいです。ただ、その場合はハシゴを使用して届く範囲でしか処理できませんし、危険ですので業者に頼んだほうがいいでしょう。部分的ではありますが壁の浮きや欠損の予防にはなります。
Q 塗り替えをしていれば建物はずっと大丈夫ですか?
A 塗装は建物の劣化に対して、最も影響のある外部の過酷な環境から建物を守るものです。建物内部も水廻りからの漏水や湿気等によるダメージを受けています。ですので、環境等による差はあるでしょうが、手を加えてあげなければならない時期が来る可能性はあります。
Q 新築(塗り替えを)してから数年経った頃に、ひび割れが見つかったのですがどうしたらいいですか?
A 早めに補修をした方がいいです。ひび割れは構造や素材の物理的性質から、どうしても起こってしまいます。新築後であれば家を建てたメーカーに、塗り替え後であれば塗り替えを依頼した業者に相談してみてはいかがでしょうか。ただし、塗り替え後の場合は、塗り替えをした後どれ位の経年で症状が現れたのかも加味しなければなりません。
Q 塗り替えに適した時季は?
A 適してない時季はありません、どの時季でもいいです。塗装を行うにあたっては下地の乾燥、工程ごとの乾燥が何より重要です。つまり、夜露・霜が降りる様な時は下地を乾かす為に待ち時間ができることもあります。あえて言うならば、梅雨時季は工期が延びる可能性が高いことくらいでしょうか。
Q 塗り替えは何日位で終わりますか?
A 下地の状況にもよりますが、2週間前後はかかります。
Q 近隣のお宅には何かしなければいけませんか?
A 近隣の方には、私たちが工事(仮設組・仮設解体・洗浄時等の音や洗浄時の洗濯物・工事時間・工事期間・車の養生)についての資料をもって、ご理解ご協力のお願いに伺います。「お互い様です」といって快くご協力頂ける方ばかりです。
Q 日中、居なくても大丈夫ですか?
A 窓等の施錠をしておいて頂ければ、外部作業ですので問題ありません。作業終了時に帰宅されて無い場合は、その日の作業内容と翌日の作業予定をボードに記載して、施主様に確認して頂けるようにしておきます。また、工事完了後には(工事内容の写真・動画・材料名等を記載した書面など)完工書類ファイルをお渡しします。